Noel Pointer ‎/ Hold On (1978) – Eric Gale

珍しい!Jazz Violin とGale との共演

A1. Hold On
 2. Stardust Lady
 3. Roots Suite
     Introduction & Pastorale
     Mama Aifambeni
     Oluwa (Many Rains Age)

B1. Superwoman (Where Were You When I Needed You)
 2. Staying With You
 3. Movin' In
 4. Cappriccio Stravagante

 Jazz Violinist Noel Pointer の'78年リリースの2ndです。私にとってヴァイオリンといえば、ヴァイオリン奏法、Gatemouth Brown(フィドルですが)、ドラえもんでしずかちゃんの弾く調子っぱずれなプレイ、バックの虎杢メイプル、といった我ながら乏しい印象しかなかったのですが、裏ジャケ記載の豪華なバック(と300円という価格)に惹かれて買ってみました。ここの時、若干24歳ながら、Quincyの曲やClassicをリメイクしたり、歌ったりと中々の意欲作です。
以下は、本作にレコーディングにまつわる私の妄想です。(フィクションです)
 Gale:  「おい、若いの、ヴァイオリンだって、生意気だな!俺のヴァイオリン奏法と勝負すっか?」
 Pointer:「勘弁してくださいよ、同じ弦楽器じゃないっすか(っていうか、俺、本物だし!)」
  Gale:  「それとも俺のSuper400と虎杢競争すっか?」
 Pointer :(ProducerのDave Grusinに)今回もEarl Klughが来るーって聞いてたのに
           (年も同じだし)・・・・ このガンコ親父誰っすか?
 Grusin :「(若いのに親父ギャグとは!)ごめんごめん、Klughはこないよ!ソロ作
            (この頃はMagic In Your Eyes)に集中したい、ていうからさあ。
             Gale君、態度はあんな感じだけどいいギター弾くよ!」
 Pointer :「本当っすか?(不安げ)・・・(続く)

<ギターの聴きどころ>

A1はGrusinのエレピにトリルをかぶせてスタートし、Gaddの刻む軽快なリズムに乗って、ヴァイオリンとPatti Austinはじめとしたコーラスにフェイザーの効いたトーンでカッティングでバックアップします。
A2のスロウでは、Noel pointer自身のヴォーカルに絡む単音のオブリが絶妙です。
壮大なAuincyの組曲のA3でも、第三部のスロウで、空間を大事にしながら、少ない音数でグッと切なく盛り上げるプレイを聴かせます。Galeのこういうフレーズは本当にOne & Onlyの美しさです。
Stevie Wonder(前作ではLiving For Cityをやってました)のB1では、堅実なカッティングで曲を支えます。
Patti AustinとのデュエットB2では、合間を縫って巧みに二人のヴォーカルに絡んでいきます。
残念ながら、本作では、Galeのヴァイオリン奏法は聴けませんでした!
(続き)(フィクションです)
Grusin:Gale君、いい感じだよ!人に絡まないで歌に絡みなよ!
Gale:(照れ臭そうに)わかってるよ・・・・若いの、やるじゃないか!ちょっとB4のClassicは
      余計だけどな!俺たちは今日からfホールトモダチだ!
しかしNoel Pointerは、この後、GaleはもちろんGrusinとも2度と共演せず、ヴォーカルの道へ進むのでした(これは本当です。)※本当のGaleは無口ですが、穏やかで優しい人柄だったそうです
今回も与太話で失礼いたしました。ちなみに、私めもfホールフェチです。(これは本当です)
Emotional度♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。