The Players / Jack-A-Dandy (1983) – 松木恒秀

岡澤さんのヴォーカルにも痺れました。

A1. Jack-A-Dandy
 2. Empty Pocket
 3. Silver Bird
 4. Keep Off

B1. Wing Beat
 2. Steppin' Lightly
 3. Dance With Me
 4. One More Time
 5. Again And Again




The Playersの'83年の5thです。本作では、岡沢さんが2曲歌っており、キャッチーなメロディーと相まって、聞き惚れてしまいます。(What Is Hip?のライブでも、Joe Cockerの「Feelin' Alright」や、Spencer Davis Groupの「Keep On Runningなどで渋い喉を聴かせてくれていました)大変失礼ながら、インナーの童顔とアダルトなハスキーボイスにギャップを感じてしまうのですが、ヴォーカル専門でもいけるのでは?と思うほどの巧さです。
このLPも、Unionでそれなりの値段で買いました。今は値段が落ち着いていると思ったら、2016年にCDが復刻されたのですね。



<ギターの聴きどころ>

ボブ斉藤さんのサックスがテーマを奏でるA1,もろFusionという感じの軽快な曲です。松木さんのギターはエフェクトを効かせたちょっとらしくないプレイです。
なんとなくクルセの「Street Life」を思わせるA2では、ボブさんのソプラノとユニゾンでテーマをプレイしています。
A3ではイントロのユニゾンプレイから、シングルミュートとカッティングを組み合わせたプレイで岡沢さんのヴォーカルをバックアップし、硬質なサウンドでのタメたソロも聴かせます。バックコーラスはEVEです。
A4もイントロからエフェクトを効かせたサウンドです。ソロもディストーションサウンドで、ロングトーンと畳み掛けフレーズを交えたいつになく熱いプレイです。
キメの多いB1、シングルノートやアルペジオ、リグのユニゾンなど多彩なプレイです。自分にはちょっと難解な曲でした。
ミディアムスロウのB2では、フェイザーを効かせたサウンドで、テーマのユニゾン、シングルミュートのバッキング、スライドのオブリ、ミュートサウンドからチョーキングで盛り上げるソロ、自分的にはこの盤での松木さんのベストプレイです。
再び軽快なFusionのB3、キレのいいカッティングからディストーンションでのソロです。時代なんですかね?
岡沢さんのもう1曲のヴォーカル、B4では、オクターブのカッティング(コードが変わっても同じノート)、アルペジオと重ね録りです。ここでもEVEのコーラスが曲を盛り上げます。
スロウで幕を閉じます。日本のWeatherReportと呼ばれたゆえんなのでしょうが、自分にはやはりこういう曲も難解です。

どうせなら、全曲岡沢さんのヴォーカルをフューチャー(プラス松木さんのバッキング)したアルバムをつくって欲しかったところです。



Emotional度♡♡♡ 
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡  岡沢さんのヴォーカルです
酒のお供度♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。