Joe Cocker / Luxury You Can Afford (1978) – Cornell Dupree

出来る限りの贅沢なお酒をお伴に

A1. Fun Time
 2. Watching The River Flow
 3. Boogie Baby
 4. A Whiter Shade Of Pale
 5. I Can't Say No
 6. Southern Lady
B1. I Know (You Don't Want Me No More)
 2. What You Did To Me Last Night
 3. Lady Put The Light Out
 4. Wasted Years
 5. I Heard It Through The Grapevine
昨日の Lady Put The Light Out つながりで、Joe Cockerをまたご紹介します。
Allan Tousantがプロデュースに絡んでいる事もあり、南部の香りが漂う内容で
蒸し暑い夏の夜に聴くのにぴったりです。前回に続いて参加の Gadd,Teeに加え、
Chuck Rainey,Bernerd Purdieなどタイトル通りの「出来る限りの贅沢」な
メンバーが安定したプレイで盛り上げます。(Steely Dan 参加者も多いのですが、
アルバムの雰囲気は正反対ですね)B3,B4とスロウが続いて、酒もお開きにしようと
思ったところに、B5が来て、アクの強い熱唱で眠らせてくれません。
<聴きどころ>
Gadd Gang でもやっているA2のイントロにまず耳が行きますが、やはりB3,B4のスロウでの地味ながらツボを押さえたプレイが聞きどころです。(この2曲のピアノはTeeとDonny Hathaway(!)です。)
無理のない範囲での贅沢なお酒をお供に聴いてください。

Emotional度♡♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡♡        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。