Patti Austin / Havana Candy (1977) – Eric Gale

1音で心に響くGaleの存在感です。
A 1.That's Enough For Me  
  2.Little Baby            
  3.I Just Want To Know
  4.Havana Candy
B 1.Golden Oldies
  2.I Need Somebody
  3.We're In Love
  4.Lost In The Stars
Patti Austinの2作目のアルバムです。CTIファミリーがバックで、タイトル曲がトロピカル調、B1はロック調ながら、その他は落ち着いた雰囲気のスロウです。昔はDisk Union の五百円未満のエサ箱によく入っていましたが、最近見かけません。私は、1枚目 → Galeの名前見つけジャケ買するもキズ多く、2枚目 → 日本盤、3枚目 → オーディオに凝り始めてより音質の良いであうオリジナル盤と、10年越しぐらいで都合3枚買いました。Patti Austinのアルバム、はその後ほぼ全部揃えましたが、最初に買ったこの盤を一番よく聴いています。

<聴きどころ>

本作では、Eric Galeのソロはありませんが、A3、B2のスローでのヴァイオリン奏法やタメのあるチョーキングを交えたオブリは、音数は少ないながら濡れた甘い音と相まって絶妙です。イントロで一音弾いただけで、Galeとわかり、その存在感は圧倒的です。単に甘いだけではなく、苦味もアクの強さもあって、強い中毒性があります。ちなみに、そこはかとない哀感が漂うA1. はKeiko leeさんもカバーしており、松木さんがGale的なギターを弾いていますので興味があったら聴き比べてきてください。福村博さんのアルバムではCornell Dupreeが弾いています。Ritenourもやっています。Galeは、前作のEnd Of A Rainbowにも参加していて、ここでも味わい深いギターを聴かせてくれています。Patti のボーカルも商業主義に染まっておらず(Pattiのせいではないですが)、素朴な味わいがあります。

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。