Tinna / 童夢 Dome Is A Child’s Dream (1979)- 松木恒秀

サントラと侮るべからず・・・

A1. Money Tree
 2. People Around Me
 3. Race The Sun
 4. Sailing On My Dream

B1. Dream Machine
 2. Dream Away
 3. Play The Game
 4. Race The Sun (Instrumental)
 5. 愛の雨
 
 
Tinnaの'79のサントラです。Tinnaは、アメリカで活動していた惣領泰則さんのバンド「Brown Rice」のヴォーカリストだった惣領智子さんと高橋真理子さんが、活動拠点日本に移してデビューしたユニットで、本作は'79年の映画「栄光のルマン24時 - 童夢挑戦の記録 - 」のサントラです。このLP購入前に次作となる「Monday Morning Rain」を裏ジャケに惣領智子さんと松木さんの名前を見つけて購入し気に入っていましたが(なぜかUnionのジャパニーズJazzのコーナーにありました)、ルパン三世関係でサントラ箱を漁っている時に発見し、これまた裏ジャケをみてGetしました。そもそも惣領智子さんは、小学生の時に「終わりのない歌」をラジオで聞いて子供心に良い歌だと思って名前を覚えていたので、懐かしさもあって購入しました。(終わりのない歌もEP盤で入手していました)透明感のある伸びる声が惣領さん、少しハスキーで時にワイルドな方が高橋さんでしょうか、アメリカ仕込みの美しいハーモニーを聞かせてくれます。高橋さんのアメリカ帰国、惣領夫妻の離婚などで2年少しの短い活動期間で解散してしまったようですが、残されたアルバムは全て気に入って聴いています。(惣領さんのソロも)

<ギターの聴きどころ>

 3分ぐらい車の爆音が続き、所詮サントラ、失敗したかなと思いましたが、歌が始まって杞憂だとわかりました。松木さんは、二人の情感あふれるボーカルをこれまた情感あふれるギターで全面的にサポートしています。A1,B1のアップでのカッティング、A2,A4,B2,そしてA2を日本語にしたB5のタメた指弾きを交えたオブリ(絶妙です!!)、A3,B3,B4のオクターブ奏法(B3ではコードも絡めてGeorge Bensonの影響も感じさせます。)音数は決して多くないながらどれも名演で、音を言葉で表現できずもどかしいのですが、いつもどおりの独特の音色(この頃はES350でしょうか)と相まって聞き惚れてしまいます。ラスト作となる「1999」や智子さんのソロ、泰則さんのJim Rockにも松木さんが参加しています。ベスト盤がCDでリリースされたせいでしょうか、最近これらのLPをまた見かけるようになったので、見つけたら聞いてください。

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。