Toki・Club / Tweener (1989) – 松木恒秀

バックは変われど変わらぬ土岐さんのMellowさ!

 1. Cruising
 2. Sleep With Me Tonight
 3. Hot Breath
 4. Let Me Groove You
 5. St.Valentine's Night
 6. Joy Toy
 7. Still
 8. Melting Mood
 9. Bailando
10. Love Is A Smile -Dedicated To Mr And Mrs Lakey-




土岐英史さんのUnit、Toki・Clubの'89年の作品です。この頃はChickenshackでの活動も続いており、並行してレコーディングしたようです。前年リリースの1:00 A.M.の夜のムードは残しつつ、Funkyなテイストが強まった印象です。(BassはBobby Watsonだし、Chickenshackでの音楽と何が違うのかという疑問が湧きますが、セッションマン・ジャズマンの性で、Casiopea組など違う顔ぶれとプレイしたかったのでしょうか?
土岐さんと松木さんの共演は、Kaleidoscopeや達郎さんのライブIt's A Poppin' Timeが有名ですが、その後は、竹内まりやさんのバックで共演しているぐらいだったかと記憶します。
本作は、新品で買いそびれていたらあっという間に廃盤になってしまい、中古市場でも値が下がらず、ようやく手にしたのは世紀が変わった頃でした。帯なし・ケース割れ品がBookOffの安棚に並んでいて、すかさずGetしました。ネットで相場が形成される今ではありえない値段でした。別に帯いらないし。
インナーのバブリーなScene説明、もっといらない。 平野ノラさん、ネタで取り上げてくれませんかね!

<ギターの聴きどころ>

松木さんは2.と10.のスロウ2曲に参加しています。 Burt Bacharachの2.は、頭のヴァイオリン奏法・スタッカート気味のカッティングや所々のオブリで、音量は大きくありませんが、確かな存在感を発揮しています。(もっと弾いてもよかったのでは?)
ラストの10では、お得意のスライドを多用したダブルストップでのバッキングなどのバッキングから、間のたっぷりあるソロに入ります。松木さんのこのようなプレイを聴くと、「休符も音楽」ということを実感させられます。
ギターは、1、4、では和田アキラさんが、3、7では野呂一生さんが弾いています。和田さんはいつものプレイですが、野呂さんは理知的なイメージは残しつつもいつもより熱のこもったプレイに感じました。
土岐さんも松木さんも鬼籍に入られ、共演はおろか新たな演奏を聴くこともできませんが、残された名演を大事に聴きたいと思います。

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡ 野呂さんもいつもよりBluesyです。
Mellow度♡♡♡♡♡ 土岐さんだもの みつを  (川畑満男さんの方です)
酒のお供度♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。