播東和彦 / Colors Of Groove (2000) – David T. Walker, 山岸潤史

祝、歌手活動40周年!!

 1. Summer Days
 2. I Need Ya Lovin' 
 3. Interlude : I Don't Wanna Be Alone
 4. I Don't Wanna Be Alone 
 5. Fire On The Bayou 
 6. Tell It Like It Is
 7. Lost Days
 8. Boogie & Vodka
 9. Close Your Eyes
10. You Make Me Real



播東和彦さんの'00年のリリースです。'84年に本格派ヴォーカリストとしてデビュー、制作側としての活動も続けながら'89年には山岸さん、清水興さんたちと六本木スワンプバンド(ライブ行きました!)を結成し、同年には、本作に収録された2,4をL.A.で録音、その後も、自身名義、あるいはグループ参加などでライブ活動を続け、それまでの活動の集大成的な位置づけを持つ作品です。(各曲の参加メンバーや録音時期の詳細はインナーに記載されています。)
本作は、確かBlues&Soul Recordsで紹介されていて、David T.,山岸さんの参加もあり、昔行ったライブを懐かしく思い出し、発売日に購入しました。
'06年にBANDO featuring:GUITAR HURRICANEとしてSong for NEW ORLEANS”Keep on Walkin”(これも買いました!)をリリース、その後もライブを中心に活動されています。タイロン橋本さんもそうですが、長く活動を続けられている実力派の方々にもっとスポットが当たり、作品のリリースやライブなど広く活動の機会があってもいいのでは、と常々思っています。
8月20日には、歌手生活40周年&Birthday Bash!!が原宿クロコダイルで開催されるそうです。詳細は、オフィシャルサイトを参照ください。ブログも定期的に更新されており、近々のライブ予定等も掲載されています。
ぜひ行かねば!
弊ブログでの紹介、Youtubeへの掲載、ご快諾と温かいお言葉、本当にありがとうございました。
<ギターの聴きどころ>

David T.と山岸さんの参加作2,4は、前述の通り'89年に録音されています。お二人は88年にGospelのMama,I Want to Sing、山岸さんのソロMy Pleasureで共演、’89年にはDavid T.のAhimsaでも共演しており、その流れで実現したものと思われます。
David T.が左、山岸さんが右です。David T.はフリーにオブリを入れてヴォーカルに絡み、山岸さんはDavid T.にメインの座を任せて比較的控えめに、しかし的確にバッキングいています。4ではDavid T.のソロも聴けます。
Reggae調の7.は、'84年のデビュー作Jealous Night(未入手です。日々探索中)に収録された曲です。つのだ⭐️ひろさんはじめSession Grand Prixからのメンバーが主体のバックです。山岸さんのドライブギターが泣きます。
Meters,NevilleBro'sのカバー5、6は、ジョニー吉長さんのバンド在籍時の曲で、ギターは現在も活動を共にしている松川純一郎さんです。5でのロングソロ、師匠の山岸さんのエモーショナルさにさらに勢いを加えたようなプレイです。6でのヴォーカルは、Aaronを彷彿とさせる情感です。
8、9は、当時のバックバンドでしょうか、North Wingです。
10は、自身によるギター弾き語りです。
店頭に出回ることもあまりなくネット上でもそれなりの値段がしますが、見つけたらぜひ聴いてください。


Emotional度♡♡♡♡♡  
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡ 
酒のお供度♡♡♡♡♡         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。