阿川泰子 / Love Bird (1978) – 松木恒秀

華やかなデビュー作での渋いギターです。

A1. Overture-First Off
 2. Confide In Me
 3. The Good Life
 4. Blue Moon
 5. What A Difference Day Made


B1. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
 2. Too Shy To Say
 3. It Might As Well Be Spring
 4. Someone To Watch Over Me
 5. Wave
 6. Finals- First Fruits



阿川泰子さんの'78年のデビュー盤です。ライナーノーツによれば、元々女優志望であったところ、クラリネットの重鎮鈴木章治さんに見出され、歌手の道に入ったそうです。今までにないタイプのジャズ歌手というようなことが書かれています。本作は、プロデュースやアレンジも担当するピアノの有馬すすむさんが阿川さんに対し1年間の厳しいレッスンを行った後に発表されたとのことです。スタンダードや、ソウルのカバーで構成され、バックは有馬さん、森泰人さん(B)、島田忠男さん(Ds)のトリオ(A3,A5,B1,B4,B5)を基本に、松木さんやJake.H. Conceptionなどが参加しており(その他の曲)、デビュー盤ながら期待が高かったことを窺わせます。
本作も松木さんの名前を発見してのエサ箱からの裏ジャケ買いです。やはり松木さん参加のJourneyやSoft Wingは最近もよく見かけますが、本作は最近あまり見かけません。同時期の他のシンガーと比べて、甘さや華やかさを感じさせるヴォーカル、ラグジュアリーな孤独を愛する人でなくても(帯恥ずかしい!)ぜひ聴いてみてください。

<ギターの聴きどころ>

A1の序曲から、クラッシック的な導入の後、松木さんのギターが両チャンネルから聴こえます。(右カッティング、左ハンマリング&プリングの定番プレイ)
Diana RossのA2は、Dianaテイストを感じさせる阿川さんの歌に絡むようにタメのきいたオブリを交えたバッキングを聴かせます。Jakeさんのアルトも熱いです。
A4もイントロからキます。右はフィリーソウルで聞かれるようなスタッカートのカッティング(曲が進むとGaleが弾いているのではと思わせるキレも重さもあるカッティングに変わります)、左は自由に舞うようなオブリです。
Stevie WonderのB2もDainaカバーを下敷きにしています。左右から松木さんのフリーなバッキングを聴くことができます。本作で唯一のソロも絶妙です。
大胆にアレンジされたB3でも松木さんのカッティングが光ります。本作での参加曲全般に言えるのですが、右左のフレーズの使い分け、見事です。
その後も阿川さんのレコーディングやライブに数多く参加しており、松木さんに対する阿川さんと制作サイドの信頼の大きさを感じさせます。(レコーディングに遅刻したり、リハに参加しなかったりというようなこともあったらしいですが!)





Emotional度♡♡♡  
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡ 
酒のお供度♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。