Joe Sample / Rainbow Seeker (1978) – David T. Walker

いつまでも聴いていたい幸せな野性の夢!

A1. Rainbow Seeker (虹の楽園)
 2. In All My Wildest Dreams(野性の夢)
 3. There Are Many Stops Along The Way(道草)
 4. Melodies Of Love
B1. Fly With Wings Of Love(飛翔)
 2. As Long As It Lasts(愛は限りなく)
 3. Islands In The Rain(雨の島影)
 4. Together We'll Find A Way(旅立ち)

The Crusadersのピアニストのソロです。初めて聴いたのはNHK-FMで平日の夕方やっていた「軽音楽をあなたに」です。この番組は、毎回テーマが決まっており、そのテーマに合わせた曲を特集で放送していました。(OPはStuffのMy Sweetnessでした)。当時はネットなどないので、田舎の背伸びした少年であった自分には貴重な情報源であり、曲を頭から終わりまで通して流してくれるので、タイマーを利用してカセットテープに録音して聞いていました。(ただしテープのA面・B面のリバースのタイミングで一旦途切れてしまいます。なんとこの曲も!)もう手元に当時のテープもなく、記憶も遠くなってしまいましたが、「夏に聴きたいクロスオーバー」のようなテーマで、Eric GaleやLee Ritenour などに交えてA1.〜A3が放送されたような気がします。当時は、Joe Sampleはおろか、Crusadersもよく知りませんでしたが(Larry Carltonが在籍していたことがあるぐらいの認識)、特にA2.が気に入り、ギターも多分David T.だと知り、(やはりこの番組で何曲か聞いていました)数年後、東京へ出てきてレコードで入手し、延びかけたテープとは違い、鮮明な音で途切れることなく聴けたことがとても嬉しかったことを覚えています。そして、日本語の曲タイトルのセンスに驚きました(曲名の後ろにカッコ書きしました。意訳なんでしょうけれど、曲の内容と合っているように思えませんでした!)

<聴きどころ>

なんと言っても、自分にとってはA2.です。美しいメロディ、効果的なホーンセクション、そしてJoe Sample といつもより音数が少ないDavid T.のささやくようなフレーズの掛け合い、夏の夜にビール片手にいつもまでも聴いていたい幸せな気持ちになります。David T.の参加はこの1曲だけ(Dean Parks やRay Parkerなど他のギター陣も豪華です)ですが、非常に価値が高い1曲です。欲をいえば、A3.との間にもう少し空白(無音部)を入れて欲しかったところです。余韻に浸りたいところ、急にRay Parker のフェイザーの強いリズムギターが飛び込んできてハッとさせられます。B2でもペケペケリズムギターが聴けます。(Ray Parkerのギターも大好きです)David T.は、85年の [Oasis]にも1曲だけ参加しています。

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡
Mellow度♡♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡♡        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。