Rajie / Heart To Heart (1977) – 鈴木茂、松木恒秀

松木さんの参加、本当にA3のソロ1曲だけでしょうか??

A1. Hold Me Tight
 2. 静かな瞳
 3. It's Me...It's You
 4. さらさらの町
 5. 愛はたぶん

B1. The Tokyo Taste
 2. 素敵なフィーリング
 3. 気分を出してもう一度
 4. エアポート
 5. Heart To Heart

 
 
Rajieの'77年ソロデビュー作です。この以前にもポニーテールというユニットとして活動していたとのことですが未聴です。後藤次利さんが作曲とアレンジ、高橋ユキヒロさんが作曲でバックアップしており、サディスティックス人脈で今井裕さんも参加しています。デビュー作であるにも関わらず、豪華なメンバーです。高中御大が参加していないのは、ソロ活動で忙しいせいでしょうか?残念!
一時期、松木さんの参加作にハマっていた時期に(今もですが)、絵夢さんや惣領智子さん、兵藤未来さんなどと一緒に買い漁った記憶があります。(それぞれ、私にしては珍しく結構いい値段で買いましたです。)
私めが聴いている日本の女性シンガーの中では、透明感のある声の部類に入ると思います。(渡辺真知子さんや、大橋純子さん、庄野真代さん、尾崎亜美さんなど癖が強い声の人が好みなので。)似た傾向といえば大貫妙子さんぐらいでしょうか?声量もあり、本作のようなお洒落なポップスには合う声だと思います。ブログなどで紹介されていて、根強い人気のある盤のようです。(テレビで見た記憶がありませんが、車のCMにも使われたようです。)

<ギターの聴きどころ>

クレジットによれば、松木さんはA3のソロ担当とのことです。(それ以外は鈴木茂さんです)
しかしながら、A2の左のヴァイオリン奏法も交えた2弦&4弦の指弾きっぽいダブルストップは?鈴木茂さんも一時期Dupreeにハマっていたとのことで、似たようなプレイをしますが、これは絶対松木さんでしょう。
間なく続くA3ではクレジット通り松木さんのソロが右から聞こえてきます。ソロもタメとツッコミを効かせた松木節です。左のカッティングも松木さん?
B1では、なんだかエロい声が入ってきたなと思っていたら南佳孝さんでした。この曲の左も松木さんを感じさせるフレーズが出てきます。
ちなみに、南佳孝さんと松木さんの組み合わせは知りうる限り'92年のNew Standardでの数曲だけです。合いそうな気がするのですが。
B3の左も松木さんテイストのバッキング、オブリです。B5の左のアコギも。
ソロがA3だけであって、他の曲にも参加しているということでは?あるいは俺がなんでも松木さんに聞こえる病気?
鈴木茂さんのプレイも、ポップな曲を彩るキャッチーなフレーズと職人芸のバッキングが両立しており、ハーフトーンを中心としたサウンド(ピンクのストラトでしょうか?)も美しいです。本作、歪みサウンドがないことも嬉しいところです。尾崎亜美さんやユーミンのバックでも数々の素晴らしいプレイをしており、数枚のソロ作も気に入って聴いております(大村憲司さんもそうですが、いつかはご紹介できればと思いつつ、音楽雑誌でも頻繁に取り上げられており、もっともっと詳しい方々がいらっしゃるので腰が引けております。)


Emotional度♡♡♡
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡ 
酒のお供度♡♡♡♡
松木さんもっと弾いている度?????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。