国分友里恵 / Steps (1987) – 山岸潤史

圧巻のカッティングプレイです。

A1. I Got You Inside Out
 2. I Wanna Be With You
 3. Cosmic Love
 4. Just Go Up
 5. Take A Little Bit Of My Love
 
 
B1. Counting Down The Days
 2. In Your Eyes
 3. Margarita
 4. You Are Love For Me


 
 
国分友里恵さんの'87年の作品です。ご主人の岩本正樹さんのプロデュースで、打ち込み物とトップクラスのスタジオミュージシャンを集めてのバンド形式がほぼ半数で、ブラックテイストを盛り込んだバブル期に向かう(当時の)先端を狙ったの音です。
国分さんを知ったのは、'88年に吾妻光良&Swinging Boppersのライブに行った際に、ゲストヴォーカルとして登場した時でした。吾妻さんのインパクトの強いギター、ヴォーカル(と風貌)に、国分さんのエレガントな美貌がミスマッチに感じました(吾妻さんが紹介のMCで「私たち、怪しい関係ではありません」とわざわざ念押ししたところ、客席から「誰もそんなこと思ってねー!」「美女と野獣!」などと多数の野次が飛びました)が、意外とBoppersの演奏と合っており、翌日国分さんのレコードを探しに行き、購入したのが本作です。(なお、ライブでの曲はBoppersの”Hepcats Jump Again”に入っていました。(Ruth Brownの「I Can Dream, Can't I?」)
今だったら問題になりそうなデザインのジャケットも素敵です。(国分さん自身ではないですよね?)
針を下ろした瞬間機械のビートが始まり、Boppersとのあまりの違いに驚きましたが、インナーを見たらなんと山岸さんの名前がありました。

<ギターの聴きどころ>

山岸さんの参加はB1です。エフェクトたっぷりの電子ドラムの音に続いて、ブラッシングとロングトーンを組み合わせたパーカッシブなカッティングが入ります。右手首で細かくストロークを調整しつつ、左はミュートとベンドをコントロールし、無機的なデジタルのリズムに独特のコード感とGrooveを加えています。短いながらカッティングソロも入り、国分さんのヴォーカルを食ってしまうような勢いです。この時期のChickenshackのMr.Bopなど通ずる黒いっぽいプレイです。 タイロン橋本さんとのSoul Train Bandでも、10分ぐらいカッティングソロをやっていました。
他の曲では、長田進さんがコンポーネントストラトと思われるサウンドで、青木 智仁さん・富倉 安生さん・高水 健司さん(b)、渡嘉敷 祐一さん・山木 秀夫さん(ds)のリズム隊の作るヒューマンなGrooveと、機械のリズムの上で、それぞれキレのいいカッティングやメロウなバッキングを聴かせてくれます。長田さんのプレイ初めて聴ききましたが、山岸さんと言われたら信じてしまうほど共通するところがあります。
自分の好みではやはり人の演奏するA2やB2~B4です。
A1やB2の北嶋健二さんのギターソロは、これも時代の音だったのでしょうが自分には少しハードすぎます。
国分さんは、Band Of Pleasureとヴォーカリストの企画盤で「You've Really Got A Hold On Me」を歌っています。
最近はゴスペル歌手としても活躍されているようです

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です