益田幹大 & 平賀真理子 / Twilight (1984) – 松木恒秀

A1. Urban Night
 2. Illusion
 3. It Isn't Fair To Run Away
 4. Who You Are
 5. Darling

B1. Love Talkin'
 2. Part Of You
 3. All About Love
 4. Welcome Back
 


 Jazzピアニストの益田幹夫さんとJazzシンガー平賀真理子さんの'84年のInvitationからのアルバムです。Invitationは、この時期FusionやAORをおしゃれ路線として力を入れていたようです。(宮本典子さんのSweet Sugarもそうでした。)それまで益田さんのアルバムは、Mickey's Finn(B4の5:30 の加藤崇之さんのタメタメのギター聴き物です)を聴いていて、この盤を手に取った瞬間、帯、名前誤植では?と思ったのですが、インナーのクレジット見ても幹大なので、この時期は幹大と名乗っていたのでしょうか?平賀さんのことは知りませんでしたが、今は平賀マリカとして活動しているようです。この盤も裏ジャケ買いです。主な参加メンバーは以下の通りです。
  Drums     : ポンタさん、松本照夫さん、渡嘉敷さん
  Bass      : 大仏さん、岡沢さん、ロミー木下さん
  Sax       : 土岐さん(A3.B3.のソロ、セクシーです!)
  Flugelhorn: 河東さん(A4.のソロ、セクシーです!)
  Guitar    : 松木さん、森園さん、加藤さん
帯には、「ハートウォームで粋なジャズ&ポップ感覚の都会派アダルト・デュオ・アルバム」(恥ずかしい!)とあり、益田さんが甘い声で全曲平賀さんと自作の美メロをデュエット(歌詞カードにはBoyとGirlと表記されています)しています。ただ、自分の好みとしては、Bassで参加している岡沢さんが歌った方が、作品の完成度としては高かったのでは、と思ってしまいます。Soulfulすぎて聞き流せるおしゃれBGMとは別の路線になってしまいますが。

<ギターの聴きどころ>

松木さんはA1,A4,B2の3曲にポンタさん、大仏さんと参加しています。A1.スロウでは、いつものバッキングやオブリが左右から聴こえてきます。A4では、しっとりとした雰囲気の中で、松木さんのプレイもコード刻みやオブリがいつになくJazzyです。B2もスロウで、ダブルストップやボリューム奏法、指弾きを取り混ぜた情感に溢れたオブリが見事です。土岐さんとの絡みも聴いてみたかったところです。


Emotional度♡♡♡
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。