阿川泰子 / Journey (1980) – 松木恒秀

Jazzのアイドル?を支える渋い松木さんのギターです。

A1. Sentimental Journey 
 2. Take The "A" Train 
 3. Lover, Come Back To Me 
 4. Moonlight Serenade 
 5. In A Sentimental Mood
 
B1. Star Dust
 2. Lullaby Of Birdland
 3. Whisper Not
 4. My Foolish Heart
 5. You'd Be So Nice To Come Home To
 6. Good-Bye



阿川泰子さんの'80年の作品です。4枚目にあたり、The Cast,松木恒秀スーパーバンド、MariahをバックにJazzのスタンダードを独特の甘いウィスパーヴォイスで歌っています。古いJazzマニアからは受け入れられなかったそうですが、当時の女性Jazzヴォーカルブームの中心であり、本作はこのジャンルではハックの9万枚のセールスだったようです。ネクタイ族のアイドルとも呼ばれ、表裏ジャケやインナーの写真もそれを意識したものとなっています。また、インナーには、個別曲のクレジットが記載されており、豪華なメンバーの参加をにわかではない音楽ファンにもアピールしようという意図もあったのでしょうか?
中学生のとき兄の友人が貸してくれて聴きましたが、スタンダードなど知っている曲も入っていて、背伸びして聴いているうちに気に入り、他の阿川さんのレコードもレンタルで借りて聴きはじめました。ブームが去ったのち、エサ箱の常連になっているものを本作はじめゲットしました。(David T.の参加CDなどは高値がついていましたが、アナログはほとんどワンコインでした)初めて聴いた阿川さんの作品で自分にとっては特別の意味があり、安さもあって3枚買いました。

<聴きどころ>

松木さんは,松木恒秀スーパーバンドを率いてA3,B2,B3,B6に参加しています。(アレンジも担当しています)デビュー作のLove-Bird、3rdのSWEET MENU同様、本作でも松木節を効かせてくれます。
A3,ドラマでジュリーが歌っているのを聴いてこの歌を気にいっていました。(ミディアムスロウでした)本作では、テンポが変わったあとはFunkyなリズムで演奏されており、シングルトーン、コード、ダブルストップやスライド、トリルなどのオブリを組み合わせた松木さんのバッキングが絶妙です。本多俊之さんのサックスもよく歌っています。
B2では甘く艶やかなサウンドでイントロを奏で、控えめながらリズムの合間を縫うようなバッキングに続きます。エンディングに向かってBluesyなソロが入ります。音数は多くないですが、痺れるプレイです。
続くB3でもイントロからBluesyなフレーズで入り、シングルトーンやにオブリを交えたバッキングに続きます。テンポチェンジにも適格に対応し、決してヴォーカルを邪魔せずに味わいを追加する見事なプレイです。この曲でもエンディングに向けたソロが聴けます。
ラストのスロウでもダブルストップのスライドを多用したテンション感のある渋いバッキングです。
正直言って、初めて聴いた時は地味に感じましたが、40年近く聴き続けています。

Emotional度♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。