Carmen McRae / Just A Little Lovin’ (1970) – Eric Gale

若きGaleのどBluesなプレイとサザンソウル風のプレイが聴けます。15はDupreeでは?

 1. Just A Little Lovin'
 2. Something
 3. I Thought I Knew You Well
 4. I Want You
 5. More Today Than Yesterday
 6. Here There And Everywhere
 7. Carry That Weight
 8. Breakfast In Bed
 9. I Love The Life I Live
10. What'cha Gonna Do
11. Didn't We
12. Goodbye Joe

Bonus Tracks

13. I Love You More Than You'll Ever Know
14. Just a Dream
15. Silent Spring






Carmen McRae の'70年の作品です。50年代から活動し、多くのレコードをリリースしているJazzシンガーのビッグネームですが、本作ではプロデュースがArif MardinのためかJazzの枠にとらわれない幅広いジャンルの曲を取り上げており(Beatles(2,6,7)など当時のヒット曲も)、The Dixie Flyersなどのバックに乗って黒いヴォーカルを聞かせてくれています。
私めが買ったのは、日本でのリイシューCDで、ボーナストラック3曲が追加、このうち2曲にGaleがクレジットされています。Carlton参加のCan’t Hide Love、Dupree参加のI’m Coming Home Againを先に聴いていて、Carmenのアルバムを集め始めたところ、新宿UnionのJazzフロアで本作とGaleの名前を発見、しかもBeatlesの曲が3曲も入っていて、Sarah Vaughnの"Songs Of The Beatles"('81年) と聴き比べてみたい思いもあり、速攻で購入しました。


<ギターの聴きどころ>

目当ての一つのGaleは、ボーナストラックの、13,14に参加しています。
Al Cooperの13、いきなりどBluesギターで入ってきます。ちょっと歪んだサウンド、チョーキングのタイミング、粘っこいビブラート、時に鋭く切り込むフレーズの組み立て、まるでOtis Rushかと思いました!ヴォーカルやコーラス、ピアノはリバーブかかっていますが、ギターはノーエフェクトで、余計に生々しく感じます。後半には、お得意のトレモロピッキングフレーズで盛り上げて曲が終わります。
Donny Hathawayでは、Dupreeがギターでした。
メロウなスロウの14ではダブルストップを多用したオブリが聴けますが、まだ自己のスタイル確立の途上だったのでしょうか、後年のプレイと比較するとMuscle Shoalsのようなサザンソウル風味も感じられます。(苦味を伴う程よい甘さとクセの強さは既に有って良い感じです)
その他の曲では、The Dixie FlyersのCharlie Freemanがメインのギターのようです。2でのプレイがないのは残念でしたが、
7での淡々としつつも泣くプレイ、9でのBluesyなプレイ、10でのサザンソウルバッキングなど聴きどころがたくさんあります。
11のJazzバッキングはAl Gafaとのことです。
15は、弾き人知らずのようですが、Bluesyなフレーズが随所で聴けます。 独特のタイム感をもつ節回し、Arif MardinプロデュースだしAtlanticなのでDupreeでは?





Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡♡  13は凄い! 
Mellow度♡♡♡ 
お酒のお供度♡♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です