Jake H. Concepcion / “J” (1983) – 松木恒秀

松木さんの露出度は前作よりは抑えめですが的確なバッキングが聴けます。

A1. Jei
 2. The Old Music Master
 3. Hong Kong Blues
 4. Pure Imagination
 5. Without You
 
 
B1. That Old Black Magic
 2. Girl Talk
 3. Tonight The Night
 4. J

 
 
 

Jake H. Concepcionの'83年のセカンドです。宮田茂樹さん(大貫妙子さん、竹内まりやさん、EPOさんなどを手がけた方です)がプロデュース、アレンジはJakeさん自身、清水信之さん、佐藤博さん、松木さんが担当し、日本のトップクラスのセッションミュージシャンがバックを務めています。本職のサックスに加え、冒頭と最後の1曲を除きJakeさん自身のヴォーカルがとっています。(裏ジャケの写真参照ください)
本作は、90年代の後半に茶水Unionで発見しました。前作のPieces Of Loveに松木さんが参加していたので、本作ももしやと思って裏を返したら、松木さんの名前がありました。800円ぐらいだったと記憶しますが、そのままレジに向いました。




<ギターの聴きどころ>

ギターは松木さんと土方隆行さんです。インナーには個別曲のクレジットがあり、松木さんはA4,A5,B2,B3に参加しています。
 サックス多重録音のインストA1、ホンキートンクピアノが印象的なA2、中国風情を感じさせるA3に続き、ストリングスから始まるムーディーなスロウのA4が始まります。決して上手くはありませんが、味のあるJakeのヴォーカルのバックに左右2本のギターが入ってきます。右のシングルトーンリフ(ストラト?)が土方さん、左のコードやオブリが松木さんと思います。二人とも控え目ながらツボを押さえたプレイです。
松木さんがリズムアレンジを務めるA5では、左から淡々とコードの4つ切りを続けます。
B1は左右とも土方さんで、一人コンビネーションバッキングです。
再びスロウのB2でも、左でコードを刻みます。主役のサックスの泣きを引き立てるべく、必要な音だけ出す、余計な音は弾かないという松木さんの美学を感じます。
B3は珍しくドライブサウンドでのイントロで入り、その後は左のカッティング、右のシングルトーンミュートの一人コンビネーションバッキングへと移ります。ドラム、ベースと作るGrooveがいい感じです。後半には再びドライブサウンドでのオブリでヴォーカルに絡みます。
前作と比べてギターの露出度は低めですが、曲に合った的確なバッキングを聴くことができます。
ただ、アルバム全体の長さがAB面合わせても30分少々と短く、時間だけ考えると後2曲は入れられたのでは?












Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡ 
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です