Salena Jones / Melodies Of Love (1981) – Kenny Burrell,松木恒秀

Burrellのフルアコサウンドにとろけました。

A1. Antonio's Song
 2. Bridges
 3. Jesse
 4. Mr. Bojangles
 5. For All We Know

B1. Wave
 2. We're All Alone
 3. Melodies Of Love (When The World Turns Blue)
 4. Without You
 5. For All We Know(Reprise)





Salena Jonesの'81年作品です。本ブログでは、Salenaは4回目の登場です。個性的なヴォーカルですが、どんなバックにも馴染む柔軟性と歌唱力があると思います。'80年代にJVCから立て続けに日本企画のアルバムをリリースしましたが、本作はKenny Burrellをゲストに招いて制作されています。(裏ジャケにSuper400であろう愛機を抱えた写真が写っています)。アレンジはコルゲンさんで、コルゲンさん人脈のバックです。たまたま来日していたBurrellをレコーディングに参加してもらったということで、音合わせにも時間が割けなかったことと思いますが、有名曲のカバー中心の選曲もあって、全く即席感を感じさせない完成されたSalenaのヴォーカル、Burrellのギター、バックの演奏です。オーディオ的な音の良さも特筆すべきところです。これも、My LoveBallad With Luvなど他のSalenaのLP同様、エサ箱からゲットしましたが、LP最近また値段が高騰してきているのでしょうか? (Amazonで5桁です)

<ギターの聴きどころ>

Michael FranksのカバーのA1、イントロから甘く暖かいBurrellのギターが聴こえてきます。ソロも情感たっぷりの流れるようなフレーズです。松木さんは右からアコギによるボサノババッキングです。
続くボサノバカバーのA2でも同様のコンビネーションです。Salenaの優しく深い歌にBurrellのギターが寄り添います。
Janis IanのA3は松木さんのアコギをバックにSalenaが切々と歌い上げます。
King Curtisも取り上げたA4では、ベースだけの伴奏で一回り歌った(ここも凄いです!)後、松木さんはコードの刻みで入り、Burrellはヴォーカルとコール&レスポンスです。よく歌うソロ、途中から入ってくるホーン隊もゴージャスです。この曲は、90年代にCornell Dupreeもソロ作Child Playでカバーしています。
スロウのA5は、松木さんのアルペジオとBurrellの甘いオブリです。
三たびボサノバのB1もBurrelのソロがよく歌います。
Bozの大ヒット曲のB2では、コルゲンさんとBurrellと3人だけで、タメながらムーディーに歌い上げます。
タイトル曲のJoe SampleのB3は、ピアノの陰で松木さんが密やかにバッキングしています。
NilsonのB4では、イントロからコードとメロディを一体化したBurrelの美しいプレイから始まり、サビでのバッキングプレイもJazzyです。松木さんも左でひっそりとコードを刻みます。
本作でのもう一人の主役はBurrellで、甘いサウンドでSalenaの歌を盛り上げます。(Gale様やWah Wah Watson様のフルアコらしからぬ?超個性的なサウンドも大好きですが、Burrellのサウンドは、これぞフルアコというゴージャス感があります)
一方、松木さんはサポートに徹しています。Burrellとの掛け合い(競演)聴きたいところですが、作品としての全体の調和や完成度を優先させたのだと思います。まるで、CarltonのソロやオブリのためにバッキングするDean Parksのようです。そもそも、Burrellと共演した数少ない日本のギタリストでは無いでしょうか?(なお、B5のみ右からいつもの松木節のバッキングが聴けてファンとしては嬉しいところです。)
それまで、Burrellの歌伴を聴いたことがなかったので、貴重な1枚となりました。




Emotional度♡♡♡♡ 静かなEmotionを感じます
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡♡ Burrelの甘いサウンド、とろけます。
酒のお供度♡♡♡♡ 

Salena Jones / Melodies Of Love (1981) – Kenny Burrell,松木恒秀” に対して5件のコメントがあります。

  1. kawa より:

    Kenny Burellのファンです。
    Antonio’songの件で辿り着きました。
    Salenaはこのアルバムで初めてこの曲をレコーディングしたのでしょうか?

    1. domon@guitar より:

      コメントありがとうございます。私もKenny Burrell 大好きです。知りうる限りでは初めてだと思います。

  2. kawa より:

    有難うございます。
    取り急ぎお尋ねしました。

    改めて落ち着いて貴ブログを拝見させて頂きます。

    1. domon@guitar より:

      紹介ありがとうございます。
      どれも聴いたことがありませんでしたが、歌伴のBurrellもいいですね!
      また新たなレコード探しの旅が始まりそうで怖いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。