有山岸 featuring 上田正樹 / チョットちゃいます “Bitter Sweet Soul” (2014) – 山岸潤史

全編アコギでの再共演、ギターも歌も泣けます。

 1. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
 2. Let's Go Get Stoned
 3. The Dock Of The Bay
 4. Hook Me Up
 5. Brickyard Blues
 6. Take These Chains From My Heart
 7. Baby Don't Push Me
 8. Love T.K.O.
 9. もうしんどい from Busted
10. River Side Blues







有山じゅんじさんと山岸さんのユニット、有山岸の'14年のセカンドです。二人だけでも強力なのに、なんと上田正樹さんがほとんどの曲で参加しています。二人が、上田さんに歌ってもらうことをイメージしてチョイス、Jazz,Blues,Soul,日本語のオリジナルまで多岐に渡ります。
ライブを意識しての歌とギターだけの2本のみの構成で、わずか3日で録音されたとのことです。
発売当時は、日経新聞にも記事が掲載されました。(当時は真面目なリーマンだったので日経読んでましたが、記事を目にしてびっくりしました。会社で話しても誰にも価値がわかってもらえず、寂しかった思い出があります)
ということで、早速新品を購入し聴きました。




<ギターの聴きどころ>

今回もアコギです。左が有山さん、右が山岸さんです。
1は、古いスタンダードで有山さんがヴォーカルです。伴奏も有山さん自身で、山岸さんは後半突然入ってきてのソロを引き倒します。
2は、上田さんが二人のコンビネーションバッキングに乗って、Ray Charlesばりの喉を聴かせます。
Big "O"の3、この曲では、山岸さんが伴奏の主体で、有山さんがオブリやソロを担当しています。山岸さんほど音数は多く有ませんが、強弱のある味わい深いプレイです。
上田さんの歌も、Otis Reddingの影響を受けつつも自分のカラーに染め上げています。
4は驚きました。大好きなJohnny "Guitar" Watsonの遺作となる”Bow Bow"からの選曲で、原曲の美しさはそのままにシンプルな構成だからこそ音の一つ一つが美しく響きます。イントロの山岸さんのプレイを聴いて不覚にも涙が出ました。有山さんのコードの流しや、山岸さんと有山さんの「上手くない」歌もリアリティがあってこの曲にぴったりです。
N.O.の5も明るさの中に哀感を感じさせるギターとヴォーカルです。山岸さんのエンディングのソロも力が入っています。
再びRay Charlesの6は、日本語に変えて歌っています。ここでの山岸さんは、空間を活かし、タメを聴かせた一際美しいプレイです。
8はテディペンのバラードで意外な選曲でした。ChickenshackのLovingPowerIIでもカバーしていましたが、20数年の時を経てアコギでカバーするとは!さらに円熟した山岸さんのギターとTeddyの幻影を振り払ったかのように歌い上げる上田さんの歌が沁みます。
もう1曲Ray Charlesの日本語版9に続き、ラストはオリジナルで締めます。10でのソロ回しなど二人のうまさが際立ちます。
 Blind Blakeが大好きという有山さん、幅広くBluesをプレイしてきた山岸さんの個性が発揮され、Bluesを基調としながら、これまでのキャリアからの多くの要素をさりげなく散りばめ、電気の力を借りないストレートなサウンドで時に激しく、時に甘く歌う二人のプレイ、年季や貫禄などという言葉では表現しきれない深さを感じます。ぜひ聴いてください。


Emotional度♡♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡   
お酒のお供度♡♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です