Freddie Hubbard – Bundle Of Joy (1977) – David T. Walker

大御所とのクロスオーバーな共演です。

A1. Bundle Of Joy
 2. Rainy Day Song
 3. Portrait Of Jenny
 4. From Now On


B1. Tucson Stomp
 2. Rahsann
 3. I Don't Want To Lose You
 4. From Behind




Freddie Hubbardの'77年の作品です。Jazzトランペットの大御所ですが、本作はプロデュースにSoul畑のBert DeCoteauxを迎えて、西海岸を中心としたバックメンバーを従え、時代を反映したのか、MellowなFusion(この頃はクロスオーバーと言われてたようです。)
に仕上がっています。
手に入れたのは90年で、茶水のUnionでFreddie Hubbardのことも知らずに裏ジャケにDavid T. Walkerの名前を見つけて、2000円ぐらいしたので、念のため1曲目を視聴させてもらった後に購入しました。そのため、その後遡って他のレコードを聴くまでは、自分にとってのHubbardは爽やかでMellowなイメージでした。時代に合わせて選曲やアレンジは変化し柔軟に対応していますが、本質は変わっておらず、どの盤でも個性と抜群の存在感を発揮していると感じています。(多くあるアルバムのほんの一部しか聴けていないので偉そうなことは言えないのですが)なお、Lou RawlsのカバーのA4も、オリジナルより先にこちらを聴いてしまいました。


<ギターの聴きどころ>

個別曲のクレジットはありませんが、David T.は、A1,A2,B2,B3,B4に参加していると思われます。
甘く爽やかなA1、左のカッティング(Craig McMullen、Rick Littlefieldのどっち?)に続いて右から、いつもより少し硬めながら、「あの音」が入ってきます。主役が朗々とテーマを奏でるバックでは、ごく抑えたバッキングプレイですが、後半のソロでは、いつもより少しピッキングを強めた粘りつつもはじけるフレーズを連発し、ソロの最後は得意技のダブルストップのスライドで締めくくります。なお、タイトルは「赤ちゃん」の意味もあるようで、赤いシーツに包まった愛機であろうトランペットと掛けたのでしょうか?
A2もMellowな曲で、Watersのコーラスやストリングスが雰囲気を作る中、ギターも左からコードバッキングにテロリロフレーズや低音弦を弾くオブリを交えて更なる甘さを加えます。フレーズやサウンドからDavid T.だとは思うのですが、常に弾きっぱなしの気もします。
B2は、左からWah Wah Watsonっぽい効果音フレーズを交えたバッキングが続きますが、中盤以降、音量は大きくありませんが右から硬質かつ粘りと弾力性があるフレーズでDavid T.が切り込んできます。
ミディアムスロウのB3は、A2同様、再びコーラスとストリングスが甘い世界を作り、左からのギターがオブリで加わる構成です。ここでは後半に行くほど引っ込んでしまいます。
ラストはハネるリズムに乗って、B2同様、効果音を交えた左のバッキングと、右のDavid T.のコンビネーションです。やや音が割れるぐらい強くピッキングするかと思うと、突然奥に引っ込んだりと緩急のあるプレイです。
B1は、リズムやサウンドがCarlton在籍のクルセに通ずるものを感じました。ギターはJay Graydonでしょうか?
また、Craig McMullen、Rick Littlefieldの二人も、それぞれCurtis MayfieldやSmokey Robinson,O.C. Smithなど手持ちのレコードに参加しています。特にRick LittlefieldはDavid T.と同じ作品への参加が少なくありませんでした。
なお、David T.は、'81年の"Splash"にも3曲参加しています。こちらも是非聴いてみてください












Emotional度♡♡♡♡ 
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡  
酒のお供度♡♡♡♡  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。