Joe McBride / A Gift For Tomorrow (1994) – Larry Carlton

ここでも素晴らしい表現力です。

 1. An Evening In Dallas
 2. Secrets
 3. Never Be Lonely
 4. Walking In Rhythm
 5. A Gift For Tomorrow
 6. Messenger
 7. Deja Vu
 8. World To Me
 9. Everybody Needs Love
10. Reunion
11. You've Got A Friend




Joe McBrideの'94年の作品です。ネット上の情報によれば盲目のピアニスト/ヴォーカリストで、数枚のCDをリリースしているようです。'05年ごろだったと思いますが、下北UnionのJazz500円以下棚漁りをしていたら、本作があり、Carole Kingのカバーと思われる11とBlackbyrdsのカバーと思われる4があり、他にめぼしい盤がなかったため、手ぶらで帰るのも思い、一体どんなアーティストなのかはわからないまま、購入しました。

<ギターの聴きどころ>

早速家に帰って聴くと、いい感じの音楽が流れてきました。インナーを見ると、Carltonが2,6に参加していると書かれています。
せっかちなもので、CDの悪いところを活用し、飛ばして早速2を聴きます。
甘さと苦味が同時に感じられる弾む16に乗って、ナチュラルトーンでの流れるようなフレーズでテーマを奏でます。ピアノと交互にメインパートを分担し、ピッキングの強弱と少し大げさに感じるぐらいのビブラートで時に激しさを感じさせながら美しく歌い上げます。P90搭載のValley Artsのシグネイチャーモデルのテレでしょうか?
続いて6を聴きます。重量感のあるベースが主導するスウィングするビートで、ここではアコギによるプレイです。この曲でも空間を活かしつつ流れるようなフレーズを組み合わせていき、ピアノと対話するようにプレイしています。
どんなギターを使っても変わらない素晴らしい表現力です。
Carltonの参加を除いても、カバー含めた曲の良さ、主役のピアノとハイトーン気味のヴォーカル、8,10でのKirk Whalumの重過ぎず軽過ぎずのサックス、オシャレなだけではないアレンジなど大満足の1枚でした。
なお、Carltonは次作の"Keys To Your Heart"にも1曲参加し、ナチュラルトーンでJazzyかつBluesyなプレイを聴かせています。






Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡ 
Mellow度♡♡♡♡    
お酒のお供度♡♡♡♡  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。