Malta / Malta (1983) – Eric Gale

松原さん・今さんと、Galeの対照的なプレイ

A1. Shiny Lady
 2. Among The Clouds
 3. Dance After Dance
 4. In Your Dream
 5. Bright Silver Moon

B1. Night Magic
 2. Evening Calm
 3. What's Up
 4. Crystal Raindrops
 5. Be Mine




Maltaさんの'83年のデビュー盤です。芸大卒業後渡米し,Lionel Hamptonのコンサートマスターなどアメリカで活躍後、帰国しJVCリリースされました。当時のFusionブームの最中、そのキャリアから鳴り物入りでデビューしたと思われ、佐藤允彦さん、深町さん、The Playersからのリズム隊、Parachuteの二人のギター、豪華なメンバーがそれを裏付けています。
高校の時に次作"Sweet Magic"を先に聴き、本作は裏ジャケに書かれたスペシャルゲストのGaleの参加にも興味をそそられその後同様にレンタルレコードで借りて聴きました。当時はParachuteも聴いていたので松原さん、今さんの名前も気になりました。(記憶が曖昧ですが、どとらかというとお二人の参加の方が決め手だった気もします。当時はFusion系をよく聴いていたので。)
いつしかあまり聴かなくなっていましたが、エサ箱で再発見、すでにGaleのプレイも聴き込んでいたので、懐かしさと共に購入しました。



<ギターの聴きどころ>

Galeは、A4,B1 B2の3曲に参加しています。(インナーには個別曲のクレジットが記載されています。しかし、インナーを見なくてもGaleの個性的なサウンドとプレイは一聴しただけでわかります!)
イントロのキメやストリングスが少し昭和歌謡を思わせるA4,松原さんのカッティングに乗ってメジャーとマイナーが入り混じったようなテーマが始まります。続いてGaleのタメとツッコミのソロが入ります。Maltaさんのソロに続いてエンディングに向けて再度、Galeの2ndソロが入ります。ここではヴァイオリン奏法などの小技も盛り込まれています。
B1,funkyなリズム隊、スペクトラムのホーン、Eveのコーラスに乗ってMaltaさんのアルトが始まります。テーマ中、一瞬だけGaleのコール&レスポンスがはいります。またMaltaさんのプレイに戻った後、低音弦からのGaleのソロが始まります。深町さんのエレピの後は、maltaさんとのコールアンドレスポンスです。軽めなアルトと重厚なGaleの対比が面白いです。
Maltaさんの得意なムーディーな聴かせるプレイのB2、野力さんのソロに続いて、短いながらこれまた情感たっぷりのGaleのソロが入ります。(Galeのプレイをクサくて苦手という友人がおりましたが、こういうプレイ、好き嫌いが分かれるところのようです。もちろん私は大好きです)
バッキングがなく、ソロだけのため唐突感もありますが、3曲いずれも見事なGale節です。
でも、高校の頃は、松原さん(A3,A5,B4のソロ)と今さん(B3)のプレイをコピーしたりしていました。今は全く忘れてしまいましたが!
(全く余談ながら、昨日三浦〜城ヶ島に行ってきましたが、いい天気でお二人のプレイするMiura Windがドンズバに合いました)




Emotional度♡♡♡ 
Bluesy度♡♡♡♡ Gale一人で濃度が増しています。
Mellow度♡♡♡♡  
酒のお供度♡♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。