West Road Blues Band / Blues Power (1975) – 塩次伸二、山岸潤史

すべてここから始まりました。

A1. Tramp
 2. T-Bone Shuffle
 3. It's My Own Fault
 4. Cold Cold Feeling
 5. I'll Drown In My Own Tears

B1. Ain't Nobody's BusinessIf I Do
 2. First Time I Met The Blues
 3. Yakty Yak
 4. Blues After Hours





日本のBluesの草分け、West Road Blues Bandの'75年のデビュー盤です。永井隆さん (Vo)、塩次伸二さん (G)、山岸潤史さん (G)、小堀正さん (B)、松本照夫 (Ds)によるBluesカバー盤です。Bluesに目覚めた高校生のころ、地元のレコード屋にはおいてなく、取り寄せることも難しいと言われたので、修学旅行で京都に行った際に、風呂の時間に抜け出して本作とライブ盤を買いに行きました。初めて聴き終えた時、自分が大人になったような気がしました。それ以来、もう何千回、何万回聴いたかわかりません(ちっと盛りすぎか)。
上京した頃には、再結成しており、高円寺Jirokichiや日比谷野音でのブルースカーニバルなど、追っかけのように必ずライブに行きました。Jirokichiでは、テーブルが撤去され所狭しと椅子が並べられてのライブでしたが、それでも収まらず、いつも入口まで立ち見客が溢れるほどの人気でした。

<ギターの聴きどころ>

ギターは、右が伸ちゃん、左が山岸さんです。全曲カバーですが、こちらを先に聴いていてここからオリジナルに遡っていきました。
Lowell FulsonのA1でスタートします。オリジナルよりもFunk度を増した演奏で、単にコピーするのではなく、消化して自分達の持ち味を加えていることが1曲目からわかります。
T-BoneのA2も、伸ちゃんのフレーズは原曲に忠実ですが、全体のアレンジはモダンです。ここでもピアノのソロが入るなど、バンドとしてのアンサンブルを大事にしていたのでしょうか?
B.B. はじめ多くのカバーがあるA3は、伸ちゃんのダイナミクスのあるソロが光ります。私めは、山岸さんのプレイをコピーして9thのバッキングを学びました。(それまでは7thしか知りませんでした)活動拠点の京都への想いが詩に現れています。
再びT-BoneのA4はジャズバラード風に仕上げられ、サポートのRhodesと要所でしか弾かないギタープレイが渋いです。ここでも本作とは関係ないですが、Jimmy Jonnsonはこの曲をマイナーキーでやっており、泣きのギターが炸裂していてこちらも気に入っています。
自分の涙に溺れてしまうというものすごい歌詞のA5でも、弾きすぎないのに泣くギターと、ピアノとオルガンがいい味を出していて、ホトケさんのヴォーカルにも熱が入っています。金子マリさんの絡み、ラストのシャウトの掛け合いなど、ライブのようです。
これまた多くのカバーがあるスロウのB1も、伸ちゃんの表現力が見事です。サビのディミニッシュの3度駆け上がりフレーズを山岸さんのバッキングから学びました。バイテンになったところのリズム隊のノリの良さもすごい!
B2では、山岸さんのゴリゴリのプレイが熱く、ホトケさんのシャウト、伸ちゃんのクールなバッキングと相俟って、ものすごい緊張感です。本家のBuddy Guyに負けていません。
B3、あえてストラトのハーフトーンでスタートするところが斬新です。この曲では伸ちゃんと山岸さんのの掛け合いが聞けます。ラストをMaj7thで締めるところもおしゃれです。
Joe Sampleも取り上げるなどやはり多くのカバーがあるB4,なんと日本語の歌詞で驚きました。自分達のBluesを作るという意気込みの表れでしょうか
どの曲も、アンプ直のノンエフェクトながらものすごい表現力です。
White Bluesのカバーからバンド活動をスタートしたとのことですが、この頃には黒さを吸収した上でオリジナリティが確立されていると感じます。参考になるレコードも限られ、教則本もYoutubeもない時代に、これだけ完成度が高い作品が作られたこと、Bluesへの愛情、探究心、聴くたびにリスペクトという流行り言葉では言い表せない感動、感嘆、畏敬、感謝などが入り混じったなんとも言えない気持ちになります。
このレコードを聴かなかったら、自分は、Bluesにハマることも、レコードを買い集めることも、ギターに夢中になることもなかったかもしれません。拙いながら、自分のギター演奏やバンド活動でも随分参考にさせていただきました。
伸ちゃん亡き後、このメンバーでのライブは聴くことはできないのが残念ですが、他の作品含めて一生の宝物です。

Emotional度♡♡♡♡♡  
Bluesy度♡♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡ A4,A5,B1、Mellowです。
酒のお供度♡♡♡♡♡  

オリジナルも載せました。聴き比べてください。(B5以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。