Allen Toussaint / Motion (1978) – Larry Carlton

夏の夜に合う名盤!

A1. Night People
 2. Just A Kiss Away
 3. With You In Mind
 4. Lover Of Love
 5. To Be With You

B1. Motion
 2. Viva La Money
 3. Declaration Of Love
 4. Happiness
 5. The Optimism Blues
Carltonが参加しているとうことで、いつかは買おうと思いつつなかなか見つけることができずにいましたが、新宿unionのSoul館(まだ地下にあった頃です)においてあり、破格の値段で手に入れました。Chuck RaineyやRichard Tee。Jeff Porcaro、Paulinho Da Costaなど豪華なバックの演奏にいつも通りのToussaintのソフトなボーカルが乗って、夏の夜に合うアルバムです。自分にとってのニューオリンズのイメージは、Meters や Neville Brothers、後に山岸さんが参加するWild Magnolias などのSecondline Funk(それとZydeco)だったので、西海岸のミュージシャンが多いこともあって、強烈なニューオリンズの香りはなく、その分聴きやすくなっている気がします。
<聴きどころ>
A1.ではワウをかましたりしています。A5,B3などのバックでのボリュームペダルを巧みに操った空間を縫うようなオブリが美しいです。B4.でのボーカルやコーラスとのBluesyなコール&レスポンスも見事です。Carltonとニューオリンズは合うのか?半信半疑でしたが、杞憂でした。David T.,Dupree,Galeもそうですが、自分のサウンドやプレイを巧みに曲に溶け込ませ彩りを添えているのはさすがですね!Carltonは'90年に、Aaron Nevilleのソロにも参加しています。(With You In Mind1曲だけですが、美ソロを披露しています)
Emotional度♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。