Mongo Santamaria / Red Hot (1979) – Eric Gale

見た目ほど辛くはありません。

A1. Watermelon Man
 2. A Mi No Me Engañan (You Better Believe It)
 3. Jai Alai (Rena)


B1. Jamaican Sunrise
 2. Afro-Cuban Fantasy
 3. Sambita





Cubaのパーカッショニスト、Mongo Santamariaの'79年の作品です。時代を反映してDiscoなビートはあるものの、全曲にパーカションが散りばめられていて(自身のプレイに加えて他のパーカッショニストも参加しています)、いかにもLatinという感じがします。Bob JamesのTappan Zeeレーベルからのリリースで、人脈でGaddやGary Kingなど豪華なメンバーがバックを務めます。
この人のことは全く知りませんでしたが、00年頃、いつも通り安箱漁りをしていた時、インパクトの強いジャケットにまず惹かれ、裏をひっくり返すとGaleの名前を発見、ワンコインだったこともあってそのままレジに向かいました。
なお、有名なHancockのA1,ここではディスコ調ですが、私がはじめて聴いたのはAlbert KingBuddy Guyのバージョン(どちらも強烈です)だったので、初めはBluesの曲かと思いました。従いまして、それらと比べるとそれほど大きな違和感はありませんでした。(Hancock自身もHedhuntersでFunk調でやってますし)

<ギターの聴きどころ>

Galeは、A3,B1~B3に参加しています。
ライブ仕立てのA3,この頃流行ったであろう電子音やバスドラ4つ打ちのディスコ調でスタートします。Galeも強くフェイザーをかけたサウンドとナチュラルトーンを取り混ぜて左からカッティングで参戦します。リードはJeff Laytonとのことですが、この方も初耳です。
B1は一転してのジャマイカの朝焼けを思わせる(行ったことありませんが)スロウです。湿り気の高そうなバックの演奏にフルートの音が乗ってきます。GaleはReggaeのリズムでのカッティング、フリーなバッキングでムードを盛り上げた後、いつにも増してダーティなサウンドでソロプレイに入り、フルートと絡みます。フルートの乾いた音とGaleのWetなサウンドが対照的です。
独特のリズムと幻想的なムードを持つB2でも、淡々とリズムを刻みます
ラストのB3,パーカッションが熱いリズム隊と、涼しげなフルートが面白い組み合わせです。エンディング付近でスロウダウンしたところで、突如Gale節が現れ、タメを効かせたまま幕を閉じます。
最近見かけませんが、結構夏向きで(海やリゾートや夏の日の恋を期待してはいけません)ジャケットほど辛口ではないのでぜひ聴いてみてください。




Emotional度♡♡♡♡  
Bluesy度♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡  
酒のお供度♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。