ジョニー吉長 / Freedom (1987) – 山岸潤史、Char

Mellowな曲が多く、甘党にもいけるのでは?

A1. After Midnight
 2. Acrylic Night
 3. ありがとう
 4. What Can I Do, Baby
 5. 22階の夜

B1. 眠れNight
 2. Hotel
 3. Give Me Your Love
 4. 朝も昼も夜も
 5. Sunset Skyに乾杯




ジョニー吉長さんの'87年の作品です。帯にはセカンドアルバムと書いてありますが、恐らく当時契約のあったMELDAC(Chickenshackやタイロン橋本さんもいた三菱電機の子会社です)での2ndの意味で、実際には通算7枚目のアルバムになります。最近では、金子ノブアキさんやKenKen(ジャケットの赤ちゃんはKenKenさんとのことです)さんのお父さんとしての認知度が高いですが、私より上の世代にとっては、ピンククラウドやジョニー、ルイス&チャーのドラマーとしてでしょうか?日本の歌うドラマーとしては、つのだ⭐️ひろさんと双璧を成すかと思います。
メンバーは、ロミー木下さん(B)、難波正司さん(Key)、マック清水さん(Per)、チャールス清水さん(Org)、Jake H. Conception(Sax)、金子マリさん、Michelle Hart, Maxayne Lewis(Cho)など、錚々たる顔ぶれです。タイロン橋本さん(!)、西岡恭蔵さん、宇崎竜童さん、黒住憲五さんなど作家陣も豪華です。
本作がリリースされた'87年といえば、すでにCDがLPを上回っていた時期かと思いますが、私は90年代の終わりごろ、中古でLPを買いました。それなりの値段でしたが、その後見かけたことがないので買っておいてよかったと思います。他の作品でも山岸さんが参加しているのですが、安かったジョニー・オン・マイ・マインド以外なんとなく見送ってしましました。ケチケチせず買っておけばよかった!

<ギターの聴きどころ>

ギターは山岸さん(基本右)とCharさん(基本左)です。
A1はキレの良いカッティングディストーションサウンドでのソロです。ソロはアームも使っていますのでCharさんでしょうか。
A2は、なんとタイロンさんの曲の日本語版ですがギターは入っていません。(原曲でもギターは山岸さんではありません)
A3はKenkenさんのことを歌った曲とのことで、始まった途端優しさと暖かさとGrooveが感じられました。山岸さんはキレのいいカッティングと甘いソロを聴かせてくれます。
R&R調のA4はワウがかかったリフ(Charさん?)と、シャープなカッティング(山岸さん?)です。
哀愁漂うA5では、イントロ、ソロともタメとツッコミの入り混じる山岸さんのMellowフレーズが全開です。
B1では左のシャープなカッティングとフリーに弾くディストーションサウンドが入り混じります。
B2はCharさんがE.Sitar(ソロも)、山岸さんがフリーなバッキングです。
B3でのBluesyなイントロ, ソロ、歌のバックでのオブリ、B4でのキレのいいカッティング、短いソロとも山岸さんと思います。
B5はバブリーなタイトルですが、黒住憲吾さんの美メロを、コーラスの強くかかったバッキングで彩ります。Mellowなソロは山岸さんならではの美しいプレイです。エンディングのクドさも曲にハマっています。
本作では、ギターは、ストラトとES347を使い分けているものと思います。



Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡  A3,A5,B5美しいです。
酒のお供度♡♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。