Norman Connors / Take It To The Limit (1980) – David T. Walker

地味ですがMellowな曲に似合うMellowなバッキングです。

A1. Take It To The Limit
 2. Melancholy Fire
 3. You've Been On My Mind
 4. I Don't Need Nobody Else
 

B1. Justify
 2. Black Cow
 3. You Bring Me Joy
 4. Everywhere Inside Of Me



 
Norman Connorsの80年の作品です。プレイヤーとしてはドラマーながら、コンポーザー・アプロデューサー・アレンジャーなどトータルなアーティストとしての活動が有名かもしれません。(音楽の志向は違いますがNarada Michael Waldenと同じタイプのアーティストです。)Jazzからスタートしていますが、70年代の半ば以降はSoulやAOR色の強い作品をリリースしていて、本作もヴォーカルをフューチャーした曲が多いそのうちの1枚です。ドラマーは自身に加え、James Gadsonも呼んでいます。
ギターマガジンの中島さんからいただいたリストを頼りに、David T.参加作を集めましたが、本作もそのうちの1枚です。裏ジャケにはクレジットないので、検盤するフリをしてインナーをチェック、David T.の名前を発見して購入しました。
Anita Bakerも歌ったB3(作ったのはLosieのDavid Lasleyです。)、もしやと思ったら大当たりだったSteely Dan のB2、若き日のGlenn Joensの熱唱が聴けるA2,Leon WareのB4など、David T.の参加を割引いても大当たりでした。





<ギターの聴きどころ>

ギターはDavid T.とMarlo Hendersonです。個別曲のクレジットはありません。
AdarithaのヴォーカルをフューチャーしたダンサブルなA1,左右、センターにギターが重ねられていますが、サウンド、フレーズともDavid T.ではなさそうです。
Glenn JoensをフューチャーしたミディアムのA2,左のコードバッキングや控えめなオブリ、若干硬めのサウンドですが、フレーズ的にDavid T.では?しかし、ここでのGlenn Jonesのヴォーカル18歳とは思えない凄さです!
A3は再びAdarithaがヴォーカルのスロウです。ここでは、歌が始まると同時に右からDavid T.のバッキングが聴こえてきます。後半に向けてギターも盛り上がるかと思いましたが残園でした。
Al JohnsonがヴォーカルのA4もDavid T.が参加していそうな匂いがする曲です。曲の後半で左から小音量で入るオブリがDavi.T?オリジナルのLou Courtneyの盤は結構いい値段ですが、Free SoulのコンピColorでも聴けます。
なお、Al Johnsonの"Back For More"にもDavid Tが参加しています。
B1もAl Johnsonのアレンジです。ここでも左で微かに聴こえるバッキングがDavid T.でしょうか?
Steely DanのB2、この曲のみインスト(コーラスはつきますが)で、David T.は参加していないようですがFreddie Hubbardのプレイが冴えます。
B3,私はAnita Bakerを先に聴いてしまったので、それと比べるとやや地味に感じてしまうところもありますが、曲の美しさは変わらず、中盤以降David T.が左からMellowなオブリを入れて来ていて、トータル的にはこっちの方が好みかもしれません。
B4は何と曲もヴォーカルもLeon Wareで、相変わらず官能性の高い楽曲です。David T.も左からのセクシーなオブリで妖艶なムードを盛り上げます。
ソロもなく全体的に地味な参加ですが、Normanの描きたかったであろうMellowな世界にピッタリとハマる的確なプレイをしています。David T.は、"This Is Your Life"、"Invitation"にも参加しています。こちらもぜひ聴いてください。








Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡
Mellow度♡♡♡♡♡     
お酒のお供度♡♡♡♡♡  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です