Percy Mayfield – Sings Percy Mayfield (1970) – Eric Gale

Urbun Bluesの大御所のバックでGaleのプレイがたっぷり堪能できます。

A1. Yes, You'll Play
 2. Live Today Like The Day Before
 3. The Highway Is Like A Woman
 4. Painful Party
 5. You Wear Your Hair Too Long
 6. To Live The Past
 
 
B1. My Friend
 2. A Lying Woman (Not Trustworthy)
 3. To Claim It's Love
 4. My Error
 5. The Country
 6. This TIme You Suffer Too



 
 
Percy Mayfieldの'70年の作品です。Percy Mayfieldは多くのカバーがある「Please Send Me Someone to Love」(弊ブログでも山岸さんDavid T. & Joe SampleUrbie GreenRuth Brownのバージョンを取り上げています)のオリジネイターであり、シンガー&ライターとして'50年代を中心に多くのJazzyで都会的なBluesの名曲を残しています。
シンガーとしては、渋い低音で淡々と歌うタイプであり、熱情に任せてシャウトしたりするタイプではありませんが、自身の作る甘いメロディにはマッチしていて、独特の魅力があります。
本作は、’90年代の頭、新宿UnionでOtis RushのLPを探している時にたまたま目にし(アルファベット順に並んでいるので)、裏を返したらGuitar solos By Eric Galeの文字が目に飛び込んできたので、その当時はGaleがBlues系のレコーディングに参加しているのを知らなかったこともあり、そのまま捕獲しました。お目当てのOtis Rushのレコードは見つかりませんでしたが期待以上の「外道」が見つかりました。
70年代の頭、B.B.やAlbert Kingも新しいBluesに取り組んでいた時期で、本作も本来の持ち味のUrbanなBluesに加え、FunkやSoulを取り入れたアルバムになっています。メンバーはフューチャーソロとしてGaleとテナーのSeldon Powellしか書かれていませんが、フレージングから、ドラムはBernerd Purdie、ベースはChuck Raineyの黄金のリズム隊ではないかと思います。



<ギターの聴きどころ>

Galeは全曲に参加しており、左でメインのギターを担当しています。
ホーンのリフや女声コーラスが印象的なFunk BluesのA1でスタートします。Galeは、軽いナチュラルドライブの乾いたサウンドで、B.B.やAlbertの影響が感じられるスクイーズギターでヴォーカルに絡みます。良い感じです
その後も、A2やA5のFunk BluesではWahも使いつつ、シングルノート、小刻みなオブリ、スライドを交えたコードプレイ、カッティングなど多彩なバッキングで盛り上げます。
スロウのA3、A6、シャフルのB2では、B.B.を思わせるチョーキング、ビブラートで、タメのある泣き節を聞かせます。
メロウなB3、B4、B5では、ダブルストップやオクターブを使ったメロウバッキングで曲に彩りを添えます。合間に入るチョーキング、ビブラートの切なさもGaleならではのプレイです。
ソロ、バッキングとも多少荒削りながらGale節が既に完成されており、たっぷり堪能できます。
そして、右のバッキングはもしかしてDupreeでは?
その後、店頭で見かけることもなく(そもそもPercy Mayfieldのレコード自体見かけません)、入手できて本当にラッキーでした。
Amazon Musicにはあるようなので、Galeファンの方は、ぜひ聴いてください。






Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡♡  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です