Esther Phillips / Alone Again Naturally (1972) – Eric Gale,Cornell Dupree

 二人の名人芸が聴けます。

A1. Use Me(Bill Withers)
 2. I Don't Want To Do Wrong(Gladys Knight & Pips)
 3. Let's Move & Groove(Johnny Nash)
 4. Let Me In Your Life(Bill Withers)
 5. Cherry Red (Joe Turner)

B1. I've Never Found A Man To Love Me Like You Do (Eddie Floyd)
 2. Alone Again Naturally (Gilbert O'Sullivan)
 3. Do Right Woman, Do Right Man(Aretha Franklin)
 4. You & Me Together
 5. Georgia Rose

Esther Phillipsの'72年のKuduでの2作目です。UnionのJazz館で買いましたが、元々ジャンルにとらわないシンガーで、本作もSoulのカバー曲中心(曲名の後ろにオリジナル書きました)ながら、Richard Tee(org, p) Gordon Edwards, Ron Carter(b) Bernard Purdie, Billy Cobham(dr) Ralph MacDonald(per)Maceo Parker(ts) Hank Crawford(as) などの超豪華なメンバーに囲まれて、自分の「歌」として、歌い上げています。特にKuduの一連の作品はSoul色が強く、ツボです。長生きしていれば大御所のような存在になったのでしょうか?早すぎる死が残念です。

<聴きどころ>

ギターは、Cornell Dupree, Eric Gale, George Bensonの名前が裏ジャケに書かれています。個別のクレジットはないのですが、
A1. レゲエ調の軽快なカッティング Dupree
 2. 渋い刻みとオブリ Dupree
 3. 同上
 4. ??
 5. ヴォリュームペダルを巧みに操った濡れたオブリとソロ Gale
B1. Gordon Edwardsのベースに乗ったカッティング Dupree
 2. 左 Dupree 右 Gale? (右もDupree?)
 3. 右の刻み  Dupree, 左のオブリもDupree
 4. メイン Benson,ワウとかぶせ Gale, 2拍4拍刻み Dupree
 5. なし
でしょうか?ちょっと自信がありません。Bensonの出番がほとんど確認できませんでした。A5のGaleの泣きはもうすでにこの頃に完成されていて25年くらい同じことをやっているんですね。名人芸とはこういうことを言うのでしょう。’76年のCapricorn PrincessのCandyでのGaleの名人芸もぜひ聴いてください。

Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡
Mellow度♡♡♡♡
酒のお供度♡♡♡♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。