Esther Phillips / From A Whisper To A Scream (1971) – Cornell Dupree, Eric Gale

二人の共演は少ない(ない?)ですが、Bluesyなプレイです

 1. Home Is Where The Hatred Is
 2. From A Whisper To A Scream
 3. To Lay Down Beside You
 4. That's All Right With Me
 5. 'Til My Back Ain't Got No Bone
 6. Sweet Touch Of Love
 7. Baby, I'm For Real
 8. Your Love Is So Doggone Good
 9. Scarred Knees








Esther Phillipsの'71年の作品です。これまで紹介した”Alone Again, Naturally”、"Capricorn Princess"同様、KUDUからのリリース(紹介の順序と異なりますが、本作がKUDUでの1枚目です)で、プロデュースはCreed Taylorです。ドラムがBernard Purdieである以外は、後にStuffになるメンバーがバックを務めています。Estherは本作でもBluesyなナンバーからメロウなスロウまでカバー中心となりますが、独特の唱法で歌い上げています。'71年のグラミー賞にノミネートされたそうですが、Arethaが受賞、しかしArethaはEstherこそが受賞すべきとトロフィーをEstherに渡した、というような泣かせるエピソードを聞いたことがあります。
UnionのJazz箱、Soul箱からEsttherのLPを集めましたが、本作はアナログでは発見することができず、10年ほど前、1000円シリーズで復刻した日本盤CDを購入しました。しかしこのサイズだと、裏ジャケをあしらったインナーのメンバーのクレジットが虫眼鏡がないと見えません・・・・(よく見るとコーラスでTasha Thomasが入っていて嬉しかったりします)アナログ、未だに見つけられていませんが見つけたら買います。


<ギターの聴きどころ>

ギターはDupreeとGaleがクレジットされています。楽しみです。
1、左がWahを使ったコードの流しやカッティング・オブリ、センターにシャープなカッティング、センターはDupreeと思いますが左も?
Bluesyなスロウの2、左がWahのオブリやカッティング、右がナチュラルトーンでのコード・カッティングやスライドのオブリのコンビーネーションで左右ともパターンにとらわれずフリーに弾いています、右はDupreeと思いますが、左もフレーズ的にDupreeでしょうか?
3もスロウですがメロウです。まず左にダブルストップのスライドが入りますが、これはDupreeでしょう。続いて右寄りにカッティングが入ります。これも独特のタイム感がありDupreeと思います。
続く4もスロウです。左右とも甘めのサウンドで、左がアルペジオやコード中心、右がリフやオブリ中心です。右はDupreeと思いますが左は?
左寄りから低音弦を響かせ始まる5、この太い響きはハコと思いますのでGaleでしょう。激しいFuzzトーンもGale?さらに左からセンターに移るカッティングが入りますがこれはDupree?エンディング近くのトーンを絞ったスライドプレイはDupree?
アップの6、左はカッティング、右オブリですが、当初はどっちもDupreeかと思いましたが、後半の右の低音弦の響きや左のザクザクカッティング、よくきくとGaleのような気も・・・・
スロウの7、イントロからタメの利いたシングルトーンが入ります。しゃくり上げるようなビブラート・シャウトのヴォーカルに呼応する絞り上げるようなチョーキング(Baby!の後に続くフレーズが最高にかっこいいです!)など、緩急のあるオブリ、これは間違いなくGaleでしょう。
8のBluesyなイントロやタメるオブリ、これも間違いなくGaleと思います。上げにくそうなチョーキングが切ないです。
9もGaleでしょう。左のコードなどバッキングから入りますが、ヴォーカルとともに徐々に盛り上がっていき、力の入ったチョーキングやトレモロピッキングなどのオブリでヴォーカルに絡んでいきます。スキャットには絡みませんでした。(Bensonだったらユニゾンで絡んだかもしれません)。代わりにスキャット後にソロをぶちかまします。
7,8,9のように典型的なGale節だとわかりやすくてありがたいのですが・・・・
この盤では、二人は共演ではなく、曲によって、重ねも含め単独プレイのようです。
二人のBluesyなギターが堪能できる1枚、ぜひ聴いてください。
















Emotional度♡♡♡♡
Bluesy度♡♡♡♡ 
Mellow度♡♡♡♡
お酒のお供度♡♡♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です